なぜ男性はハゲてしまうのでしょうか

ハゲる原因については、ストレスや栄養の偏り、生活習慣病などが考えられます。
これは、加齢によるところが大きく、多かれ少なかれ高齢になれば誰でも経験することです。
ところが、若くしてハゲる男性もいます。
この場合、加齢というより男性ホルモンの影響が大きいのです。
男性型脱毛症のAGAの毛髪を調べると、脱毛部にジヒドロテストステロンが多く存在していることがわかりました。
ジヒドロテストステロンは、元々テストステロンという男性ホルモンであったものが、5α-還元酵素という酵素の働きでジヒドロテストステロンに変換されてしまったものです。
このジヒドロテストステロンが多くなると、毛乳頭へと入り込み、ヘアサイクルを極端に短くしてしまいます。
ヘアサイクルが短くなると、成長する前に抜けてしまい、どんどんと薄毛が進行してしまうのです。
ただし、ヘアサイクルが短くなり、成長する前に抜けてしまったとしても、毛髪自体は残っています。
そのため、よほど進行してしまわない限り、その状態からまた元に戻すことも可能です。
それを可能にするのがフィンペシアです。
AGA治療薬として有名なプロペシアのジェネリック医薬品で、成分のフィナステリドはそのまま同じで、製造方法だけが違うという医薬品です。
有効成分であるフィナステリドが同じであるため、製造方法の違いによる若干の差はあるものの、プロペシアと同じ効果を期待することができます。
AGAで薄毛になってしまったとしても、有効な治療を行えば、十分改善することは可能です。
ようはいかに早くAGA治療を行うかにかかっています。
AGA治療を行う際、もっともネックとなるのが医療費なのではないでしょうか。
フィンペシアであれば、ジェネリック医薬品であるため、プロペシアよりも安い価格で手に入れることができます。
何かを我慢することなく、AGA治療をスタートさせることができるでしょう。
これは、治療を行う上でもっとも重要なことなのではないでしょうか。
フィンペシアがあるおかげで、医療費がないばかりに治療を受けられないということは少なくなりました。
効果を実感するには、最低でも3か月使い続けることが必要です。
ヘアサイクルを考えると、髪の生え変わりには最低でも3か月かかります。
そのため、服用を始めたなら、最低でも3か月は飲み続けることが必要なのです。
もし、1か月や2か月で辞めてしまったとしたら、1か月から2か月分の費用が無駄になってしまいます。
もし、プロペシアの服用を始めたけれど、価格が高くて続けられないという場合はフィンペシアに変えてみましょう。
かなり安価であるため、負担をかなり軽くすることができます。
ただ、日本では購入することができないため、手に入れるには個人輸入をしなければなりません。
個人輸入代行サービスを利用すれば、まるで通販感覚で購入することができますから、それほど難しい手続きは必要ありません。
ただ、どの個人輸入代行業者が良いのか見極めることが大切です。