インド製薬メーカーシプラ社のフィンペシア

薄毛の悩みというのは、誰かに相談することもできず、相談したとしてもそれほど重要な悩みと思ってもらえないことが多い悩みです。
自分で何とか改善しようと、育毛シャンプーやマッサージなどを使ってみたりしても、なかなか改善せず諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。
ですが、今は、薄毛を諦める必要はありません。
finpecia4
プロペシアという最強の育毛剤が登場したことで、薄毛に悩み男性が多く救われています。
1年使い続ければ多くの方がその効果を実感し、3年使い続ければ8割の方が改善したことを実感しています。
しかも、まったく効果がない方は、全体の2%しかいないというのですから、プロペシアで改善できなければどんなものでも改善できないのではないでしょうか。
それほど高い育毛効果があるのがプロペシアです。

ところが、プロペシアにもデメリットはあります。
それは、あまりに1錠の価格が高いため、そんなに飲み続けることができないということです。
処方するクリニックにもよりますが、1か月で1万円前後するのですから、安くはない金額だと言えるでしょう。
それだけの費用がかけられないと、薄毛治療を諦めてしまう方が多いのもうなずけます。

ですが、プロペシアが駄目ならフィンペシアがあるではありませんか。
インドの大手製薬メーカーのシプラ社が製造しているプロペシアのジェネリック医薬品で、フィナステリド1mgを含有はプロペシアと同じです。
フィナステリドは、αリダクターゼ酵素を阻害することで、男性型脱毛症AGAを治療することができる成分です。
男性ホルモンのテストステロンが、このαリダクターゼ酵素によって、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変換されると、途端に強力な脱毛作用を発揮するようになります。
つまり、αリダクターゼを邪魔してやれば、薄毛を改善することもできるわけです。
フィナステリドは、このαリダクターゼ酵素を直接阻害してくれるわけですから、薄毛に悩む男性にとっては最後の助っ人といっていいでしょう。
フィナステリド1mg含有するフィンペシアは、プロペシア同様服用することでAGAを改善することができます。
ただ、どんなによく効く育毛剤でも、1回で効果が現れるわけではありません。
個人差がありますが、最低でも6か月は続けることが必要です。

プロペシアを6か月間飲み続けることはコスト面で大変ですが、ジェネリック医薬品のフィンペシアであればコストのことで悩む必要がなくなります。
プロペシアを使ってみたいけれど、コストが高すぎてムリだと諦めていた方も、一度フィンペシアを試されてみてはいかがでしょうか。
プロペシアと同程度の効果を実感することができるはずです。
ただ、この育毛剤が力を発揮するのは男性型脱毛症AGAだけで、女性の薄毛に関しては効果はありません。
間違っても服用しないように注意しましょう。
また、クリニックでは処方されませんから、手に入れたいのなら個人輸入を利用するしかありません。