フィンペシアはプロペシアのジェネリック

世界で唯一育毛効果があると言われているのがプロペシアです。
ドラッグストアなどでは販売されていませんから、手に入れるためにはクリニックなどで診察を受けなければなりません。
テレビCMなどで、お医者さんに相談だと言っているのは、プロペシアが欲しければお医者さんに相談するしかないと言っているのでしょう。
ところが、忙しく働いている男性なら、育毛のためにクリニックに行く時間がないという方もいます。
それに、何よりプロペシア自体の価格が高く、使いたいけど使えないという方もたくさんいるでしょう。
そこで、注目されているのがフィンペシアです。
プロペシアのジェネリック医薬品ですが、正式なジェネリック医薬品というわけではありません。
なぜなら、プロペシアの特許の期限は2019年であるためです。
本来ならジェネリック医薬品が出回ることがないはずなのに、プロペシアのジェネリック医薬品があるのはどうしてでしょう。
それは、フィンペシアを製造・販売しているのがインドのシプラ社であることと関係しています。
以前、インドでは、欧米諸国とは違った特許の考え方をしていました。
自国民が安く医薬品を購入することができるように、成分特許を認めていなかったのです。
そのため、製造方法が違っていれば、同じ成分でジェネリック医薬品を製造することができました。
シプラ社はインドを代表するような大きな製薬メーカーで、大々的にジェネリック医薬品を製造・販売しています。
そのうちの1つがフィンペシアだというわけです。
製造方法が異なるため、厳密にはまったく同じ効果を発揮するわけではありませんが、有効成分が同じフィナステリドであるため、同じような効果を発揮することが期待できるのです。
しかも、ジェネリック医薬品ということで、プロペシアの数分の1の値段で購入することができます。
これまで、プロペシアが高価であるため使うことを諦めていた方も、これなら安心して利用できるでしょう。
医薬品の中でも、育毛剤は継続して使用しなければ意味がありません。
これまでプロペシアを利用していた方も、経済的な理由で泣く泣くやめなければならなかったこともあったでしょう。
ですが、フィンペシアであれば、そんな苦しい決断をすることもありません。
ところで、インドのジェネリック医薬品を、どうやって日本で手に入れることができるのかと不審に思われる方もいるでしょう。
それは、個人輸入ができるので大丈夫なのです。
個人輸入は法律でも認められていることなので、法に触れるのではないかと心配する必要はありません。
そして、個人輸入なんて難しいことはできないと思っている方も、個人輸入代行サービスがあるので心配は不要です。
プロペシアと同じ成分のジェネリック医薬品を使って、育毛ができたと喜んでいる方はたくさんいます。
もし、育毛をしたいけれどプロペシアは高くて無理だと思われているのなら、1度個人輸入代行サービスを利用してみてはどうでしょうか。