プロペシアの普及率

プロペシアは、男性型脱毛症いわゆるAGAの唯一の改善薬とされています。
このプロペシアが登場したおかげで、これまで薄毛に泣いていた男性も、服用することで薄毛を改善することができるようになりました。
現在、日本で処方されているAGA治療薬はプロペシアのみとなっています。
AGAの認知度は、テレビCMが放映されるようになって上昇しましたが、プロペシアの認知度はそれほど進んでいないようです。
それに合わせて、プロペシアの普及率も諸外国と比べてかなり低く、日本ではあまり一般的ではありません。
プロペシアは、アメリカで70%、カナダで65%、イギリスでも60%の普及率があるというのに、日本ではわずか20%の普及率しかありません。
普及率が上がらない原因にはいろいろ考えられますが、プロペシアの価格が非常に高いということが大きな原因なのではないでしょうか。
AGAの治療は保険の対象外になっているため、すべて自己負担で賄わなければなりません。
高額なプロペシアも、自分で全額支払うことになります。
その上、診察代や処方箋料などを加えると、かなり大きな出費になってしまいます。
あるクリニックでプロペシアを処方してもらったところ、薬価だけで1年で90000円以上になったといいます。
その他もろもろの費用を加えれば、クリニックで診察を受けプロペシアを処方してしまうと、月1万円ほどの費用が必要になる計算です。
物価も高くなっている今、毎月1万円の出費というのはかなり負担になります。
そこで注目されるのがフィンペシアです。
プロペシアのジェネリック医薬品として人気のフィンペシアですが、同じく1年間服用したとしても1万円程度にしかなりません。
薬代だけで比べても、単純計算で9分の1程度の費用でAGA治療ができるのです。
これだけ値段が違っていれば、プロペシアよりフィンペシアを選ぶ方が増えるのも当然でしょう。
気になるのは、ジェネリック医薬品でも本当に効果があるのかということですが、行こう成分はどちらもフィナステリドであり、それぞれ同じ分量1mgが含まれているため、効果はほぼ同じであるということができます。
製造方法こそ違うものの、有効成分が同じ分量配合されているのですから、同じ効果があると考えて間違いないでしょう。
先に書きましたが、日本で処方されるAGA治療薬はプロペシアだけです。
そのため、フィンペシアを手に入れるには、個人輸入を利用する方法しかありません。
個人輸入は合法にできることですが、実際に利用する場合は、自己責任で行わなければなりません。
そして、返品はできないことも覚えておきましょう。
品質のしっかりしたものを選べば、このような条件があったとしても心配する必要はありません。
自分で現地に赴いて選ぶことはできませんが、信頼できる個人輸入代行業者に依頼すれば、安心して利用できる正規品を手に入れるのはそれほど難しいことではありません。